スポンサーサイト

--年--月--日  スポンサー広告 はてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞、 映画文化そのものが衰退危機?

2012年02月24日  ニュース はてなブックマークに追加
aca84.jpg

1 :影の大門軍団φ ★[] 2012/02/24(金) 16:11:44.00 ID:???0
2月26日に、第84回アカデミー賞の授賞式がハリウッドのコダック・シアターで行なわれる。
だが、作家の落合信彦氏は、最近のアカデミー賞やハリウッド映画について危惧を抱いているという。
以下は、落合氏の解説だ。

この原稿の締め切り時点では作品賞はモノクロのサイレント映画である『アーティスト(The Artist)』と、 3D映画の『ヒューゴの不思議な発明(Hugo)』の一騎打ちとされているが、賞の行方は最後までわからない。

監督ではマーティン・スコセッシやスティーブン・スピルバーグ。俳優ではジョージ・クルーニー、 ブラッド・ピット、ショーン・ペンなどのビッグネームが並び、華やかな祭典らしいメンバーとなっている。

だが、私は最近のアカデミー賞やハリウッド映画について、いささか懸念を持って見ている。
映画という文化そのものが衰退してしまうのではないかという危惧が、特に2000年代以降に強く感じられるようになった。

一言で言えば、「クリエイティヴィティの低下」である。例えば2007年にアカデミー賞作品賞を受賞した 『ディパーテッド(The Departed)』が香港映画のリメイクであったことに象徴されるように、リメイク作品の数が急激に増えた。
オリジナルのスクリプト(脚本)を書ける人間が少なくなり、制作サイドが安易な作り方をしている証拠だと言える。

アカデミー賞では、審査員の質の低下も著しい。賞に投票するアカデミー会員は、 監督、俳優ら約5700人のハリウッド関係者だが、少し前ならば選ばれるはずがなかった作品がオスカーを手にしている。

観る者の内側に深い問いを発する作品よりも、娯楽性だけの作品が好まれている。
審査員がマンガやアニメばかり見て育った世代になっている証左だろう。CGや3Dなど、技術的な進歩は目覚ましいが、 作品の芸術性はかえって低下している。

最近で言えば2003年の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(The Lord of the Rings: The Return of the King)』の作品賞受賞で、
アカデミー賞の権威は地に落ちたと実感した。2001年の『グラディエーター(Gladiator)』や1998年の『タイタニック(Titanic)』も同様だ。
http://www.news-postseven.com/archives/20120224_90324.html
>>2以降へ続く

2 :影の大門軍団φ ★[] 2012/02/24(金) 16:12:00.07 ID:???0
チャイルディッシュな演出の退屈なストーリーだったと言うしかない。『タイタニック』が公開された時、
イギリスでは“20世紀最悪の映画”と言う批評家もいたほどだ。

映画は時代を映す鏡だ。名作映画の枯渇は、今、世界を覆っている閉塞感と無縁ではない。

4 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:12:27.99 ID:D0hfG45n0
はいはいオールウェイズオールウェイズ

7 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:14:14.27 ID:MOjrnVuW0
タイタニックもロードオブザリングも売れたろう

10 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:16:05.91 ID:vPJ61szP0
> 観る者の内側に深い問いを発する作品よりも、娯楽性だけの作品が好まれている。
映画に娯楽を求めても芸術性を求めても、客の勝手だし審査員も自由だろ。
そういう文句が多く出てきたら、直木賞と芥川賞みたいに、二つに分かれるかも知れんが。

23 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:19:33.97 ID:X+FuPuoC0
>>10
映画はコウショー(笑 なものなんでしょ。

低俗結構。

13 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:17:43.49 ID:HYkG5Ppx0
シナリオの枯渇、新しいもののなさをクリエイティビティの低下と定義したら、
世界中どこでも、どの娯楽でも、芸術作品でも、状況は同じ

15 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:18:02.20 ID:dJXIdELJ0
こういう人の言う価値基準というか「名作」って相変わらず「禁じられた遊び」
とか「シェーン」なんだろ?
映画なんて自分が若い頃見た作品だけが印象に残ってるもんなんだよな

16 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:18:11.54 ID:TcwKEp9l0
何だかんだ言って「大昔の海難事故を描いた3時間以上の映画」に
ティーンエイジャーの女の子を釘付けにするなんて大技は
「チャイルディッシュな演出」で出来るような事じゃないと思う。

「あんなの子供だまし」という批判をいろんな映画で目にするけど
「子供を騙すなら、俺ならもっと上手くやる」的な批判って見あたらないよね。
「子供だまし」と同じ次元で批判してるだけ。

32 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:23:56.79 ID:X+FuPuoC0
>>16
「子供はそれを意図した大人以上にその意図を見透かしている。
だから、子供だましはすぐにバレてしまう。
子供向けでも手を抜けない」

by富野由悠季

18 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:18:20.66 ID:lk8HgNW20
シーシェパード映画が受賞するくらいだもんなぁ

19 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:18:44.56 ID:wRFkMc5S0
今さらww

そもそもアメリカは最新技術とメディアの声がデカいだけだろ

20 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:18:47.68 ID:6iLKHFRd0
> 審査員がマンガやアニメばかり見て育った世代になっている証左

はいはい、映画は高尚な芸術で、アニメ漫画は低俗なサブカルチャーね。
その昔は「小説なんて読んだら馬鹿になる」と言われたものでしたが、その対象が映画になり
テレビになり、今はゲーム、アニメになっただけ。
保守的な老害の戯言だね。

36 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:26:13.05 ID:RzjPYmAs0
>>20
そこじゃなくて、漫画とかって行間を読むのは読者の領域で、
小説では作家の領域だから表現の仕方が荒っぽく感じるだけでは?
漫画で育った人間にはそんなに違和感感じなけど、
小説で育った人たちには荒っぽく感じるでしょう。
それにCGでなんでもありになったのでスクリプトもどんどん飛躍するのは当然の進化ですよね。

45 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:30:52.10 ID:UzjE36//0
>>36
行間を読む作業はどちらも読者の領域だとおもうんだが

31 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:23:49.59 ID:Z+zB0HtA0
>審査員がマンガやアニメばかり見て育った世代になっている証左だろう。
いくらなんでもこれは酷い。
結局コイツも人のこと言えない大バカ。

24 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:20:39.17 ID:aBcbcD0t0
クゥリエイティヴィティなムゥヴィがヌァッシングなわけですな。

25 :アニ‐[] 2012/02/24(金) 16:20:43.48 ID:ijlPuYng0
NSAとCIAのオレの友人に聞いてみたら
落合なんて知らんと言われたよ

310 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 21:39:05.11 ID:hXn3vdLc0
↓CIAの友人が一言

311 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 21:44:23.82 ID:LNqe4VB+P
カーズ、シャッターアイランド、この辺は面白かった。

30 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:23:10.36 ID:hlSqizvs0
ロードオブザリングは寝ちゃった
あとはまあ普通に面白かったよ

14 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:17:57.93 ID:FEJh2e/w0
うっかり強盗とか酔っ払いおじさんとか
スケボーイタタのお兄さんとか面白いよねあの大賞。

http://www.youtube.com/watch?v=IIysKu_w5Us&feature=related

27 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:22:45.39 ID:FEJh2e/w0
ごめん動画まちがえた。こっちが大賞受賞作品
http://www.youtube.com/watch?v=_XFPzihuzow&feature=related

35 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:26:05.62 ID:+Qjuwa3E0
この人の「20世紀最後の真実 」は面白かったなぁ~。
ナチスの残党が南米かどっかに逃げ延びてUFO開発してるってやつ。www

44 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:29:38.89 ID:+2VFs5Dh0
>>35
マジで続編欲しいよなw ずっと待ってるんだけどwww

38 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:26:50.26 ID:ksBrEX260
松本「いや~よかったわ~パッチギ、ここ最近の日本映画では一番よかったんじゃないですか?
   あれもっとでかい映画館で出来るのになぁ
   どこまでの人が共感するかわからへんけど俺はもうすごくよかったわ~、
   ぜひ見に行ったほうがいいですよ」

井筒「大日本人は意味不明で、イライラさせられた。さや侍はすべる、すべる、すべりまくる
   時代劇好きは見ない方がいい。1時間半が切腹なみの拷問。笑えない、
   つまらないのがつらい」

97 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:05:30.75 ID:h5VKEYfb0
>>38

かつてスターウォーズの最初の映画はアカデミー賞を総なめにした
しかしそれ以降はテーマ性がなければ、いくら金を稼いでも娯楽映画が
ノミネートはされても、重要な賞を取ることは厳しくなった

現在映画にテーマ性が薄くなってきて娯楽的な映画がアカデミー賞で評価される
回帰現象が起きているのではないか?

テーマ性重視も弊害があって、とりあえず差別物、フォレストガンプやレインマン、あるいは人種差別物を
やっとけばいい的な安直さも生じる

パッチギも、月はどっちに出ている、ジョゼと虎と仲間たち、など差別や戦争さえ扱っておけば
つまらなくても賞をとりやすい 激賞される

112 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:13:53.34 ID:7RT0HdtWO
>>97
長々と書いてるが、スターウォーズがアカデミー賞を総ナメにしたことなんてないよ。
主要部門は無冠、技術部門でしか受賞してないし。

39 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:27:06.34 ID:gGD+joTJ0
アメリカ人に内容の深さとか理解できるとは思えない

47 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:32:00.89 ID:gCu6mD6x0
日本アカデミー賞の方がもっとしょぼい。

48 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:32:43.07 ID:SOez6RMr0
でも90年代末頃まで、1年間に1本も映画を見ないかつての映画関係者がアカデミー賞を選ぶ立場に大勢いた。
すごい批判に晒されて改革したんだよね。

50 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:33:58.31 ID:XG8KuNyt0
 >『タイタニック』が公開された時、イギリスでは“20世紀最悪の映画”と言う批評家もいたほどだ。

アメリカ人は昔からあの種の「パニック映画」が大好きなんだよな。
「タワーリング・インフェルノ」「カッサンドラ・クロス」「ポセイドン・アドベンチャー」等々。
アメリカ人の陽気さと幼稚さの象徴です。

135 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 17:27:43.21 ID:b2A+rrVl0
>>50
こないだの震災の報道見てて思ったけど日本人ってああいう風にパニックにならないよな
落ち着きすぎて逃げ遅れた人がいるくらい

ブレアウィッチプロジェクトとかうるさすぎて苦痛だった

152 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:40:56.10 ID:amr1Ou070
>>150

その時の各部門候補作、受賞作見てみ。競争率高い年だったんだと思うよ。

http://www.allcinema.net/prog/awardmain.php?num_a=58

53 :アニ‐[] 2012/02/24(金) 16:35:11.10 ID:ijlPuYng0
去年はジェフブリッジスの授賞式だったな
ファンだからうれしかったよ
舞台の全員から「ジェフおめでとううれしいよ、トロンは素晴らしかった」と
言われて大笑いしたが

55 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:36:13.52 ID:cI/AJxfg0
確かに2000年以降のアカデミー賞受賞作はクソだな
セント・オブ・ウーマン夢の香りとかダンスウイズウルブスとか昔は名作が受賞してたのにね

57 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:36:51.38 ID:XG8KuNyt0
アメリカ映画で面白いのは、コメディだけ。

アメリカ人は陽気だから、コメディを作らせるとユーモアが利いていてしゃれた
映画を作る。他はまったくダメ。

58 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:37:10.16 ID:FTVd4O4s0
映画なんか所詮は作り話

9.11テロとかガチで見たら、作り話を見ようとも思わないんじゃね?

あとは、無駄にみんな記憶してるんだよなー
どんどん忘れたらいいんだよ
話のパターンなんか限られてるからな

59 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:38:12.07 ID:N+OdC1OH0
ぶっちゃけも、95~97年くらいまでが映画館で見ると最高なレベルの映画ばっかりだった時代だと思う
音楽のジャンルも色々出てた時代
以降は退屈な時代になった 映画も意図的にB級をもてはやす傾向がよいとされて、本当のすごい映画ってのが減っていった

61 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:39:32.74 ID:/RYczbXPi
20世紀最後の真実を映像化してくんねーかな
賞取れるぜありゃ

69 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:44:19.24 ID:t7uhGnFG0
>>61
俺も禿しく希望。
フェニックス、もう死んでしまったかな。
エスタンジアの施設が06年に週刊新潮で取り上げられた時は萌えたものだ。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc750.html

63 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:41:18.89 ID:YqYF+DO90
アカデミーはおいといて米・カナダドラマは面白い脚本のが
増えてきた気がする。
話を引っ張りすぎて崩壊しちゃう場合も多いが。

65 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:42:48.50 ID:dEuEQj/M0
タラがKill BIll 2013に完成させたときには
業界じたい少し盛りかえすと予想(´・ω・`)
とLA映画関係者がつぶやいてみた

66 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:43:12.46 ID:Ipeyu3x90
アカデミックな映画なのかどうかもう一度考えた方がいい。

68 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:44:03.48 ID:CkO+bNbl0
南極大陸の地下に秘密基地を作ったナチスの残党がラストバタリンで
UFOにのって第4帝国を作る映画を作ったらアカデミー賞受賞。

76 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:48:42.69 ID:dJXIdELJ0
>>68
月の裏側に移住したナチス残党がUFOで地球を襲撃する映画が
ネットで資金集めて作られてるって前に聞いたけど、あれどうなったんだろ?

80 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:51:10.30 ID:m98TkQZA0
>>76
月の裏側って・・・どうやって行くんだよ。
近所のコンビニ行くのとはワケが違うぞ。

101 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:06:06.36 ID:M7UwNvrH0
>>76
ちなみに日本ではなんと月の裏から地球を襲撃したナチスと世界各国の首脳が
麻雀対決するマンガがあるんだぜww

85 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 16:57:56.23 ID:t7uhGnFG0
ゴルゴ13では、その時代に話題になったネタを題材にすることが多い。
ゴルゴがラストバタリアン相手に一人で戦っていた話があったのだが、どうやら
ノビーの20世紀最後の真実が発刊された頃に、これを元ネタにしたと思われ。

86 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 16:58:06.83 ID:dJXIdELJ0
あった、これだ。どうやら完成したみたいだな
http://www.ironsky.net/

93 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:01:54.95 ID:0hFMaEH40
アメリカはとにかくリメイクが多くなったな。後成功している漫画の実写化
とか。
漫画やアニメのせいとか証拠あるのか?日本の人気アニメはストーリーも音楽
も作画もすごい質。この作者達は漫画世代だしな。ジャンプの人気漫画なんか
ものすごい競争率の中から選ばれているから、面白いのは当然かもな。

多分インターネットやなんやで映画自体への興味が薄れて競争力がなくなって
来ているのでは?ネットの現実見てるほうがよっぽど迫力あるとか、、

アメリカじゃない別のマイナーな国の映画が面白い可能性もある。全てアメリカ
の嗜好でやってたら、いつかは飽きられるよ。

94 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:02:39.68 ID:4y/kP71a0
映画ってのは面白いか面白くないかの2つに1つ。
映画評論なんて駄弁にすぎん。
そんなことも、偉い人にはわからんのです。

96 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 17:03:43.52 ID:F96MRfMc0
アカデミー賞って俳優とかスタッフを評価するための賞って感じじゃなかったっけ

99 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 17:05:35.91 ID:mMVA4b/70
投資が回収できない映画は作れないという構造こそが
アメリカ映画が嫌われる根本原因

ああいうのに憧れちゃうのはバカ
女を選別するバロメーターになるよな

100 :名無しさん@12周年[sage] 2012/02/24(金) 17:05:54.08 ID:7+dILqr40
911事件以降イスラム教徒を悪者にしたド派手なアクション映画が作りにくくなったんじゃないか?

108 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:10:48.75 ID:+POCdNUC0
昔の作品良いというよりネタが尽きマンネリになって面白くなくなった
ゲームも似たような感じがする

113 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:14:04.93 ID:fCzpg8U30
どの業界も自主規制と効率的な稼ぎで自分をがんじがらめにして衰退していくんやな

114 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:15:09.45 ID:yiLQipEE0
それでも日本の作品がオスカーを獲ると大喜びする日本人であった

128 :名無しさん@12周年[] 2012/02/24(金) 17:24:06.90 ID:cftWMSGo0
要するに俺の作品を映画化しろといってるわけだな

スポンサーサイト

コメントの投稿

その年に一番売れた映画がアカデミー賞でいいだろう。所詮映画はビジネスなんだから。
ユニバーサルスタンダードは、やっぱり ”銭” これで決まりだ!
思うに、今の時代、力作を投入しても
簡単にピーコされるから
それなりの環境が整うまで
ハリウッドの最高責任者が
いぢけちゃって
駄作で牛歩作戦を
指示してるんじゃないのかな
※名前が未入力だと中途半端なオタクになります

逆アクセスランキング
最新記事
おすすめ
記事検索
相互リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。