スポンサーサイト

--年--月--日  スポンサー広告 はてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ映画「コクリコ坂から」限定試写会で、宮崎吾朗監督が「しばらくファンタジーから離れる」と語る 2ch住人からは辛辣な意見も

2011年07月08日  ニュース はてなブックマークに追加
1 :つゆだくラーメンφ ★[] 2011/07/08(金) 21:23:51.12 ID:???
スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」の高校生限定試写会が7月8日、 物語の舞台である横浜市にある神奈川近代文学館で行われ、メガホンをとった宮崎吾朗監督が 川上量生氏(ドワンゴ代表取締役会長)とともにトークショーに出席。
吾朗監督は「しばらくファンタジーから離れると思う」とジブリの今後の方向性を語った。
デビュー作「ゲド戦記」以来5年ぶりの監督作は、「なかよし」(講談社刊)で1980年1~8月号に連載されていた少女漫画が原作。
1963年、平凡な女子高生の海(長澤まさみ)は、新聞部の風間俊(岡田准一)や生徒会長の水沼史郎のペースに巻き込まれながら、 高校の文化部部室、通称“カルチェラタン”の取り壊し反対運動に乗り出す。
やがて海と俊はひかれあうが……。企画・脚本を父親の宮崎駿が手がける。(>>2->>5あたりに続きます)

ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20110708/18/
画像:
miyazaki_large.jpg
main_large.jpg
p1910430_large.jpg
p1910443_large.jpg
「コクリコ坂から」のオフィシャルサイト
http://www.kokurikozaka.jp/
2 :つゆだくラーメンφ ★[] 2011/07/08(金) 21:24:34.32 ID:???
(>>1からの続きです)
吾朗監督は「もらったシナリオが実写っぽい設定だったし、普通の女の子にしたかったから、 海ちゃんは丸顔で首も太くてがっしりした体格だった。
そしたら、宮崎駿に『ヒロインはこんなんじゃダメだ。もっとかわいく描け』って言われて(笑)」とデザイン変更を余儀なくされた経緯を述懐。
高校生の淡い恋模様とともに、親子2代の物語も描かれており「僕の親は宮崎駿ですからね……。
これはもう、生まれの運命を受け入れるしかない。そこから出発している部分も大きい」と胸中を語った。

ある女子高生から今後のジブリの方向性を質問され、「ファンタジーが作り尽くされている時代。
それに大震災という現実を前にすると、生半可なファンタジーは作ることができない。
しばらくは現実に軸足を置いた作品作りになるのでは」。60年代と現代の高校生を比較し 「内にもっている熱いものは、時代が違っても変わらないと思う。違うのは表への出し方だけ」とエールを送った。
「コクリコ坂から」は7月16日から全国で公開。(了)
3 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:25:18.32 ID:eUonhnYf
こいつが手がけたファンタジー物は全部爆死だからしょうがないな
4 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:27:04.54 ID:WEedxgUd
今後ねえ…。
ずっと業界にいる気?
6 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:27:29.99 ID:/JkMQp7s
クレジットこそゴローだが、実質上の監督はパヤオ・・・とも取れかねない発言だな
10 :なまえないよぉ~[] 2011/07/08(金) 21:28:05.30 ID:gCqEtCR/
そっか
ゴローが監督だったか
夏、楽しみにしてたのになあ
また、あれはいやだなあ
15 :なまえないよぉ~[sage; ] 2011/07/08(金) 21:29:17.54 ID:Cavgbgw0
駿さんが亡くなったらラピュタ2やナウシカ2を作らざるを得んだろうな。
17 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:30:21.74 ID:OFbLLhnb
>>15
>ラピュタ2

庵野がNHKで既にやっちゃってる。
22 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:32:13.69 ID:yA2GnMN6
>>15
むしろストッパーがいなくなって、嬉々として続編やリメイクするんじゃないかと
でコナン2みたいになると
19 :なまえないよぉ~[sage] 2011/07/08(金) 21:31:19.67 ID:aceRTlra
ミリタリーか
ミリタリーが来るのか
30 :728[] 2011/07/08(金) 21:36:21.34 ID:L0w0BxWT
吾郎には全くと言っていいほど才能の煌めきを感じない。
製作するアニメがファンタジーか否かと言う問題じゃなく、クリエーターとしての才能の有無なので
解決するには監督という職業を諦めて、自分の才能に見合った職を見つけるしかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

※名前が未入力だと中途半端なオタクになります

逆アクセスランキング
最新記事
おすすめ
記事検索
相互リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。